温泉pH 泉質

温泉とひとことで言っても、
とてもたくさんの船室が、、
もといw

泉質がありますよね。

今までは(結婚する前)
どんな泉質?
とか気にすることは一切
なかったのですが、
結婚して子どもが生まれ、
赤ちゃん連れで温泉旅行をするように
なってからは気になるようになりまして。

せっかくなので、
知っておいて損はないよね
ってことで、まとめてみることにしました。

温泉pH

温泉のPHというのは?
温泉に含まれる水素イオンの濃度(pH)
のことです。

PHが小さいほど酸性、
大きいほどアルカリ性の泉質
ということになります。

【アルカリ性】

強アルカリ性:pH10以上
アルカリ性:pH8.5以上
弱アルカリ性:pH7.5以上8.5未満
(参考)
石鹸:pH7~10
重曹:pH8.5
海水:pH8~8.5

アルカリ性のお湯はトロトロ・ヌルヌル
といった肌触りが特徴です。

クレンジング効果で、皮脂の汚れや
油分を落としてくれるんですが、
だからといって温泉に入ったまま
あがってしまうと?

逆に乾燥してしまうということに
なりかねません(;^ω^)

ので、温泉につかった後はもう一度
シャワーで洗い流して出る
というのがポイント。

また、浴後には化粧水などで保湿ケアを
しっかりと行いましょう。

また、温泉に入るだけで肌の汚れが
自然に落ちるので、あまり念入りに体を
洗う必要はありませんよ。

日本三大美肌の湯として知られる
嬉野温泉(佐賀県)
もアルカリ性の温泉です。

関東だと?
栃木県は喜連川温泉は
弱アルカリ性の温泉です。

例)喜連川温泉 ホテルニューさくら

喜連川温泉 ホテルニューさくら

【中性】
中性:pH6以上7.5未満
(参考)
水道水:pH6.5
牛乳:pH7
汗:pH7~8

日本の温泉の中で最も多いのが
中性~弱アルカリ性の温泉です。

お肌への刺激が少ないので、
私のように肌が弱い人でも安心して
入れるというのがいいですね♪

長野県の渋温泉は弱酸性の温泉です。

渋温泉 御宿 炭乃湯

【酸性】

弱酸性:pH3以上6未満
酸性:pH2以上3未満
強酸性:pH2未満
(参考)
胃液:pH1.2
レモン:pH2.5
炭酸飲料:pH3
皮膚:pH4.5~6.5

酸性のお湯は少しピリピリするような
肌触りが特徴です。

効果としては、殺菌効果やピーリング効果
があるので、肌の表面にある古い角質を
柔らかくして溶かしてくれます。

お風呂あがりにはお肌がツルツルに
なるので、美肌~♪
という気持ちになりますねw

皮膚病の治療にも使われたり
する温泉が酸性の温泉です。

ただ、私のように肌の弱い人には
少々効きすぎる場合もあるので、
温泉につかった後はシャワーで
洗い流しましょう。

代表的な酸性の温泉といえば、
やっぱり群馬県は草津温泉が
あげられますね。


草津温泉 湯宿 みゆき

ちなみについ先日、
生後11ヶ月の赤ちゃん(男の子っす)
を連れて西伊豆は土肥温泉に
行ったのですが、乾燥から
ほっぺが赤かったんです。

うちの赤ちゃん。

が?

温泉につかって帰ってきたら、
お肌が改善している(;゚Д゚)

温泉の効果って、本当に
あるんだなぁ~と実感しました(笑)


【西伊豆は土肥温泉】粋松亭

ちなみに土肥温泉の泉質は?
硫酸塩泉でした。

適応症
【泉質別適応症】
きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症

【一般的適応症】
筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり
(関節リウマチ、変形性関 節症、腰痛症、
神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、
運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、
末梢循環障害、胃腸機能の低下
(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、
軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、
軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、
痔の痛み、自律神経不安定症、
ストレスによる諸症状
(睡眠障害、うつ状態など)、
病後回復期、疲労回復、健康増進

禁忌症
【一般的禁忌症】
病気の活動期(特に熱のあるとき)、
活動性の結核、進行した悪性腫瘍
又は高度の貧血など身体衰弱の著しい場合、
少し動くと息苦しくなるような
重い心臓又は肺の病気、むくみのあるような重い、
腎臓の病気、消化管出血、
目に見える出血があるとき、
慢性の病気の急性増悪期